ニュース一覧

【7月20日・21日】千日大祭のご案内

恒例の千日大祭(せんにちたいさい)を、7月20日~21日にわたって行います。

昔から「この千日大祭に参拝すれば、千日間の参拝と同じご利益を得る」と言い伝えられる古祭です。

 

 

この由緒ある千日大祭では、皆様の更なる繁栄と隆昌をお祈りする特別祈祷を始め、各種行事を行います。

特別祈祷では、巫女による神楽舞も奏でます。

 

❖千日大祭特別祈祷

 

  受付時間  9時~16時 (期間中毎日)

 

  ※ご祈祷料は、3000円以上のお志しとなります。

  ※各受付場所に神主や巫女がいますので、お申し出下さい。

 

 

 


7月21日・22日には、千日大祭に併せた各種行事も行います。

 

❖献茶祭(7月20日)

  滋賀県内外の茶所から献上された新茶を、御神前に献じるお祭りです。

  献茶祭後には、絵馬殿に無料拝服席を設けます。

  作法や決まりごとは何もない、開放されたお席です。

  今年一番、神様に献じられた新茶の味をお楽しみください。

  ※7月20日 13時から16時頃まで  

  

❖奉納花火大会(7月21日)

  7月21日には、恒例の奉納花火大会を行います。

  約30分間にわたり、花火が夜空をいろどります!

  また、神社の中からはとても珍しい「目線の高さにあがる花火」を見ることが出来ます。

 

2019年06月03日

お守りづくり体験のご案内

勝利と幸福の神様・太郎坊宮のパワーをもらう「お守り」を、手作りしませんか?

 

 

「お守りづくり」は、神さまのチカラを分けていただくために、遥か昔から受け継がれる祈りのカタチです。

体験では、自分で選んだお守り袋・結びひもを組み合わせ、世界に一つだけのお守りをつくります。


このお守りには、お願い事を書いた「願い紙」と「みたま」を納めます。

「みたま」とは、太郎坊宮の神様の前で祈りを捧げた、言わば「神様そのもの」。

つまり、作るお守りは「本当のお守り」です。

真剣な祈りを込めて、また、日本に伝わる伝統文化を知る機会として、ぜひご体験下さい♪

 

 

↑↑平成最後の日(!)に、おまもりづくりをされたドッヂボールチームさんです。

自分で作ったおまもりに願いを込めて・・・♪

ポーズもばっちり頂きました!

 

 

◆ご案内◆

 ・体験ご希望の方は、太郎坊宮参集殿でお申し込みください

 ・1回の体験で、お守り一つを作ります(体験料1,500円、体験時間約30分~)

 ・神主や巫女がサポートします(日本語での対応のみとなります)

 

 ・受付時間は、午前10時から午後3時30分までです

 ・神社の祭礼行事等により、予告なく受付を中止している場合があります

 ・その日の上限数に達し次第、予告なく受付を終了する場合があります

 


   ☆体験ご希望の際は、事前のご予約・お問い合せが確実です☆

 

お守りづくりのご予約は、太郎坊宮参集殿係(sansyuden@tarobo.sakura.ne.jp)までお願いします。

その際は【1】お名前、【2】お電話番号、【3】ご希望日時、【4】ご参加人数 をお教え下さい。


❖ご注意❖
・後日、当神社からお送りする受付完了の連絡をもって、お申し込みの確定とします。
・都合により、日程の変更やお申し込みの取り消しをお願いする場合があります。
・お申し込みをいただいた後、3日が経過しても当神社から連絡が来ない場合は、お手数ですが
 電話にてお問い合わせ下さい(太郎坊宮:0748-23-1341)。

  ※迷惑メールや受信拒否等の設定により、当神社からのメールが届かない方がおられます。

 

 

 

2019年05月20日

国定「登録有形文化財」登録答申!

登録有形文化財建造物とは、歴史的建造物のうち 一定の評価を得たものを文化財として登録する制度です。

平成31年3月18日、国の文化審議会が「太郎坊宮に建つ社殿・建造物を登録有形文化財とすべき」とする答申を発表しました。

今回、登録有形文化財としての登録が答申された建造物一覧をご紹介します。





2019年03月21日